ホーム > お知らせ | アルバム | 行事報告 > 卒業証書授与式が挙行される

卒業証書授与式が挙行される

平成24年2月22日(水)午後3時45分より、本校総合体育館において卒業証書授与式が挙行された。真柱様のご臨席をいただき、多数のご来賓、つとめ先、詰所関係の方々をお迎えし、保護者、在校生、教職員が見守るなか厳粛に、かつ盛大に執り行われた。

本年度の卒業生数は、普通科男子56名、女子40名の計96名、介護福祉科男子3名、女子9名の計12名、全体で108名である。介護福祉科は本年度末をもって閉科となるため、最後の卒業生となった。

式次第は、開式の辞のあと、よろづよ八首奉唱、卒業証書授与、学校長式辞とすすみ、真柱様からお言葉をいただいた。つぎに表彰状授与では、小学校、中学校、高等学校の13年間にわたり皆出席を成し遂げた、4年2組の林田佳恵さんが、奈良県PTA協議会ならびに学校より表彰された。また、本校4ヵ年皆出席の男子15名、女子8名の計23名が学校から表彰された。

 

 

在校生送別の言葉は、3年3組小阪 慎君、卒業生お礼の言葉は、4年3組の竹中朋美さんがつとめた。その後、おうた一番を全員で斉唱し、閉式となった。

 

式後、最後のホームルームで別れを惜しんだあと、神殿へお礼参拝させていただき、解散となった。

ホーム > お知らせ | アルバム | 行事報告 > 卒業証書授与式が挙行される

このページの先頭に戻る