ホーム > お知らせ | アルバム | 行事報告 > 9月の月次祭教話

9月の月次祭教話

9月26日(水)、月次祭教話として教祖(おやさま)のご生涯を紙芝居の形式でお聞かせいただいた。 上演をしていただいたのは、秩父大教会部属所澤市分教会長の村田和夫先生、奥様の村田和香先生である。紙芝居の絵は画家としても活躍されている奥様が自ら制作されたものである。

全校生徒に見せるために、紙芝居をプロジェクタで正面のスクリーンに大きく映し出した。暗くなった会場内に、和香先生演じられる親神の峻厳なお声や教祖の暖かいお声などが響き渡り、会場内は当時の教祖の世界に引き込まれた。絵の暖かさ、美しさ、語りのすばらしさ、音響効果などが渾然一体となって、迫力ある上演となった。

生徒からは、あらためて教祖のすばらしさ、教えのありがたさを認識したという声が聞かれた。

ホーム > お知らせ | アルバム | 行事報告 > 9月の月次祭教話

このページの先頭に戻る