ホーム > お知らせ | 行事報告 > 天高祭(2011)

天高祭(2011)

今年度の天高祭は、平成23年9月14日、15日の2日間にわたり行われた。
1日目には模擬店、クラブ発表・展示、天高祭ラグビー(北寮選抜チーム対自宅生選抜チーム)、震災プログラムが、2日目には学年別球技大会、天高祭ラグビー(生徒選抜チーム対北寮幹事チーム)が行われた。

【 模擬店・出店 】

今年も、3年生が模擬店を出店し、各クラスとも工夫を凝らした商品を販売した。また、1年生の一部のクラスは、おばけ屋敷や、ライブハウスとして教室でダンスを披露したりした。各店の売り上げは東日本大震災および台風12号の被害にあわれた方々へ募金される予定である。

<3年生模擬店>
A:アイスドック B:ホットケーキアイス C:たこやき D:フロート E:POふぇ F:てっちゃん・ハッシュドポテト G:フランクフルト・梅ジュース K:バナナジュース S:たまごせんべい N:ワッフル・ジュース O:チョコレートフォンデュ

<1年生出店>
D:呪われた143番教室 E:ライブハウス(ダンス) NO:おばけ☆はうす

<生徒の感想:角本遼太君(2年)>
今年の模擬店は開始早々から長蛇の列ができていました。予想以上の列に戸惑っていた人もいましたが、笑顔を絶やさず、明るく販売していました。3年生の方が盛り上げてくださったおかげで、とてもいい天高祭になりました。

【 Tシャツコンテスト 】

生徒、教員の投票による3年生のクラス対抗Tシャツコンテストでは、3年F組が最優秀に輝いた。

【 クラブ発表・展示 】

各会場でクラブによる発表・展示が行われた。
総合体育館ではダンス部・バトン部が華やかな演技を披露。会場に集まった観客を沸かせた。
階段教室ではフォークソング同好会がバンドパフォーマンスを披露し、幼少年指導班が手作りの人形によるオリジナルシナリオの人形劇を行った。
別館では書道部と美術部が日ごろ腕を磨いて完成させた作品を展示。第3別館では吹奏楽部と弦楽部が演奏を行い、美しい音色を響かせた。
その他、茶道部、ハンドメイキング部、囲碁将棋部、理研部、ESS、部落解放研究会などがそれぞれ特色ある催しを行った。

【 震災プログラム 】

震災プログラムは、初日の午後に全校行事として実施された。
「頑張ろう日本!おぢばからのエール」というスローガンのもと、天理教災害救援ひのきしん隊の隊長田中勇一先生を招いての講演が開催された。
講演に先立って、DVDの視聴がなされ、映像を通して震災の恐ろしさ、自然の脅威を生徒たちは、改めて実感したようであった。その後、田中先生が体験談を話され、生徒たちも一様に真剣に聞き入っていた。
そして、天高祭の2日間、別館前に設置したメッセージボックスには、多くの心温まるメッセージが寄せられた。
今後はメッセージボードの作成と、模擬店等の収益金を東日本大震災および台風12号の被害にあわれた十津川の方々へと募金することを計画している。
 

【 球技大会 】

1年生は南グラウンドでドッヂボール、2年生は総合体育館でバスケットボール、3年生の男子は北グラウンドでソフトボール、女子は第1体育館でバレーボールを行った。

【 天高祭ラグビー 】

1日目には北寮生選抜チーム対自宅生選抜チームによる試合が行われ、激戦の結果、0対0の引き分けに終わった。
2日目には生徒選抜チーム対北寮幹事チームによる試合が行われ、接戦の末、3対0で生徒選抜チームが勝利した。

【高見歌江(3年)実行委員長】

今年の天高祭では「頑張ろう日本!おぢばからのエール」をテーマにして準備に取りかかりました。というのも、東日本大震災という大きな節を見せて頂いたからです。学校として今回の震災について一度立ち止まって考える機会を設けたいと思いました。震災プログラムを通して生徒のみんなが何かを得てくれていれば、今後に繋がる企画になったのではないかと思います。
天高祭の準備はクラス・部活動との連携で大変な面もありましたが、多くの方の協力のおかげで無事に天高祭を迎え、大きな問題もなく終えることが出来ました。この天高祭で仲間の大切さを改めて感じ、私たち役員も成長することができたと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ホーム > お知らせ | 行事報告 > 天高祭(2011)

このページの先頭に戻る