ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 求道部 箏曲班 | 求道部 雅楽班 > 雅楽班、箏曲班 第29回如月演奏会を開催

雅楽班、箏曲班 第29回如月演奏会を開催

 求道部雅楽班・箏曲班では、平成25年2月17日午後1時より、おやさとやかた南右第二棟陽気ホールにおいて第29回如月演奏会を開催した。
 まず初めに、雅楽班2年生による管絃・壱越調『迦陵頻急(かりょうびんきゅう)』を演奏。楽服に烏帽子をかぶった出で立ちで、息の合った音を奏でた。
 2曲目は、雅楽班1年生を中心に管絃・壱越調『酒胡子(しゅこし)』を演奏した。1年生がそれぞれの管をリードする主管をつとめて演奏を披露するのは、本演奏会が初めて。やや緊張した面持ちで本番に臨んだが、堂々とした演奏で観客席から大きな拍手をいただいた。
 前半の最後には、舞楽・沙陀調『陵王(りょうおう)』を披露した。今回、この『陵王』を披露することは、雅楽班にとって大きな意味を持っていた。それは、これまでの先輩方から綿々と受け継がれている思いが結実し、『陵王』の装束を新調することになり、この演奏会が新しい装束の初お披露目の機会となったからである。新しい装束に込められたたくさんの方々の思いを胸に、舞人の藤森遼君(2年)が立派な舞を披露し、観客の皆さんに喜んでもらえる演奏となった。
 休憩をはさみ、後半は箏曲班の『光輝』によって幕を開けた。この曲は2年生2名での演奏となった。2名は入学してから箏曲を始めたと思えないほどの上達ぶりで、堂々と音を奏でていた。
 箏曲の演奏の後は、ふたたび雅楽班による舞楽・平調『五常楽急(ごしょうらくきゅう)』。『五常楽急』は雅楽の曲目の中でも『越天楽』についでよく演奏される曲目である。今回は、中孝介君(2年)、野口信洋君(2年)の2人の舞人が舞楽を披露した。昔の武官がかぶっていたとされる巻纓(けんえい)冠と装束を身につけた2人は息の合った舞で観客を魅了し、大きな拍手のうちに演奏会を締めくくった。

◎如月演奏会を終えて

【雅楽班班長・権谷善亮君(2年)の話】

 如月演奏会はとても良いものになりました。今回は新しく購入していただいた『陵王』の装束を初めて使わせていただきました。とても綺麗な装束で、見に来てくださった人に安らぎの時間を贈ることができたと思います。この調子で、次の新入生歓迎クラブ発表会に向けて頑張ります。

 

ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 求道部 箏曲班 | 求道部 雅楽班 > 雅楽班、箏曲班 第29回如月演奏会を開催

このページの先頭に戻る