ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 茶道部 > 茶道部、京都研修

茶道部、京都研修

 茶道部は、6月23日に京都へ研修に行きました。研修の目的は、茶道の原点である地へ実際に行き、改めて日本の茶道の良さを学び、今後のお稽古に生かすことです。
 まず最初に昔から有名な和菓子屋の本店を見学し、職人さんが目の前で作ってくださった季節の生菓子と一緒にお抹茶をいただきました。
 私達に作ってくださったのは、梅雨の時期に合わせた紫陽花でした。花びらに留まった雨粒まで丁寧に表現されていて、改めて和菓子の繊細さを学ぶことができました。
 午後からは、裏千家の資料館を見学しました。見事で歴史ある茶器を生で見ることができてとても貴重な体験となりました。資料館でもお茶とお菓子をいただいた後、裏千家の家元を見学しました。残念ながら中へは入れませんでしたが、立派な門構えを見ることが出来ました。
 今回の京都研修は、顧問の先生方の丁寧な解説とご指導のお陰で大変有意義なものとなりました。改めて学んだ、茶道の細やかなおもてなしの精神を忘れずに、今後も部員一同でお稽古に励んで行こうと思います。
[3年 萱原はなえ 記]

ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 茶道部 > 茶道部、京都研修

このページの先頭に戻る