ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 求道部 雅楽班 > 求道部雅楽班、教祖御誕生お供え演奏

求道部雅楽班、教祖御誕生お供え演奏

雨上がりの爽やかな空気に包まれた4月18日、豊田山斎場において、求道部雅楽班による教祖誕生祭御供え演奏が行われた。前夜からの雨で足元が濡れていたため、本年は斎場の屋根の下をお借りして開催された。昨年同様、大勢の方々がお越し下さった。
14時のサイレンで遙拝し、その後司会の挨拶で演奏が開始された。まず、3年生による壱越調「胡飲酒破(こんじゅのは)」が披露された。繰り返し聴かれる旋律の中に、あたかもお酒に酔ったような大らかな楽しさが感じられた。
続いて2年生による平調「陪臚(ばいろ)」が披露された。お道では月次祭の祭儀式でもよく奏でられるので、知っておられる方も多い曲である。
続いて2・3年生による舞楽「蘭陵王(らんりょうおう)」が披露され、最後に、日本の童謡でよく知られる「赤とんぼ」が演奏された。懐かしい子供の頃を思い出し、思わず胸が熱くなるような演奏であった。
その後、雅楽班班長・大佐古智里さん(3年)が閉会の挨拶をし、会場まで足を運んでくださった方々をお見送りした。

「お祝い」の気落ちを演奏に込めた雅楽班員たち

 

 

 

 


 

ホーム > お知らせ | クラブだより | 文化系 | 求道部 雅楽班 > 求道部雅楽班、教祖御誕生お供え演奏

このページの先頭に戻る