ホーム > クラブ活動 | 体育系 > 軟式野球部

クラブ活動

軟式野球部

天理高校軟式野球部の歴史は学制改革により、天理高等学校となった昭和23年(1948)に始まる。昭和25年(1950)に奈良県大会で優勝。昭和27年(1952)まで存続した。その後、昭和44年(1969)~昭和45年(1970)生徒達の手で軟式野球部同好会を立ち上げ発足した。昭和47年(1972)連盟(高野連・高体連)参加が実現。そして、昭和49年(1974)に念願のクラブへ昇格する。そしてその年の春季近畿地区大会県予選で初優勝する。昭和55年(1980)全国大会(第26回)に初出場しベスト4入りを果たし、栃木国体にも出場した。その後も今日まで県内では安定した力を発揮し、宿願である全国制覇を目指している。

 

*全国選手権大会11回出場:ベスト4・2回

*春季近畿大会:優勝2回

*国体:優勝1回(大会規定による)

練習場所

北池グラウンド

新着情報

 

 

ホーム > クラブ活動 | 体育系 > 軟式野球部

このページの先頭に戻る