ホーム > イベント | 行事報告 > 11月 特設人権教育ホームルーム

11月 特設人権教育ホームルーム

11月、人権教育ホームルームにおいて1年生は障がい者問題、2年生は多文化共生、3年生は人権教育3年間のまとめをテーマとして学習した。

1・3年生はそれぞれ講師をお招きし、ご講演いただいた。

11月20日、3年生人権教育ホームルームにおいて、本校の卒業生である定政輝さんを講師としてお招きし、「多様な性を考える~性同一性障害を乗り越えて~」と題して色々なお話をうかがった。

誰もが自分らしく生きるとはどういうことなのか、今、自分にできること何なのかを考え、学ぶ機会となった。

11月27日、1年生人権教育ホームルームにおいて、鍼灸師の山口誠さんにお越しいただき、実際障害者の立場からできることとできないことなどを、山口さんの明るく、実直な話し方を通して伺った。また、生徒たちの質問にも答えていただいた。その中で困っている障害者がいたら声をかけてサポートすることが大事であると教えてくださった。生徒たちは今回のホームルームを通して、障害について理解し、想像力を働かせ、実践することの大切さを学ぶことができた。

ホーム > イベント | 行事報告 > 11月 特設人権教育ホームルーム

このページの先頭に戻る