ホーム > クラブ活動 | 体育系 > バレーボール部

クラブ活動

バレーボール部

女子チームは、天理女学校時代に発足し、天理中学(旧制)では昭和20年(1945)12月にクラブ活動を再開させた。男子は、新制の天理高校となっての発足である。この時代は、練習はもちろん公式戦もアウトコートの9人制で行われていた。

女子は、昭和31(1956)に西日本大会・近畿大会と大きな大会に出場し、戦後の低迷期を脱した。その後も4年間連続で近畿大会に出場して天理高校の強さを定着させた。そして、平成17年(2005)13年ぶりに近畿大会に出場。翌年には、全国私学大会初出場のキップを手にする。

男子は、昭和37年(1962)創部以来初のインターハイ出場を得る。昭和40年(1965)にも2回目のインターハイ出場を、昭和63年(1988)には県予選、南近畿大会に優勝し、初の選抜大会(春高バレー)への出場を決め、その年、23年ぶり3回目のインターハイ出場も決める。平成21年(2009)に4回目のインターハイ、平成22年(2010)には22年ぶりに春高バレーへの出場を決めるなど、充実した活動を続けている。

 

【男子】

*インターハイ4回出場。春高バレー2回出場。

練習場所

第1体育館・総合体育館

新着情報

 

 

ホーム > クラブ活動 | 体育系 > バレーボール部

このページの先頭に戻る