ホーム > お知らせ | 行事報告 > 3年生407名が「おさづけの理」拝戴

3年生407名が「おさづけの理」拝戴

平成28年1月9日、教会本部教祖殿において、3年生がおさづけの理を拝戴した。
おつとめ着に身を包んで集合した3年生の面々は、終始厳粛な態度でおさづけの理拝戴のお運びに臨み、仮席のお話の後、校長先生を芯に親神様、教祖、祖霊様へのお礼の参拝に回り、よふぼくとなった喜びと今後の誓いを新たにした。
この日拝戴した者と後日拝戴した者を合わせ、今年度は407名(男子204名、女子203名)の新よふぼくが誕生した。

<西原優衣さん(3年)>
おさづけの理を戴いた日は、第2の誕生日だと教えて頂きましたが、1月9日は私が生まれた誕生日でもあり、喜びいっぱいの中、おさづけの理を戴くことができました。
これからは、おつとめだけではなく、おさづけを取り次がせて頂くことができるので、「人たすけたら我が身たすかる」とのお言葉を胸におさめて、人のお役に立てる人間になりたいと思います。

 

ホーム > お知らせ | 行事報告 > 3年生407名が「おさづけの理」拝戴

このページの先頭に戻る